塊根植物の始め方

好きなように始めたらいいと思うんですがw

自分はいきなり高い株を買うのがこわかったので、どう考えて始めたのかを書いていきます。

そもそもの塊根植物の魅力

その前に塊根植物(コーデックス)ってなんやねんっていう方のために、自分が思うメリットデメリットを簡単に。

メリット

– 成長が遅いものが多く部屋でも育てやすい
– 水やりが少なくていいのでラク
– 水やりが少ないので、カビや虫の心配が少ない
– 珍しい見た目

デメリット

– 高い
– あんまり売ってない
– 根腐れこわい
– 光や風が大事なのでちょっと手間がかかる

見た目

やっぱり見た目が一番大事で、気に入った植物じゃないと楽しく育てられないと思うので、まずは気に入った植物を見つけることから始めます。
ツール的にはインスタグラムで「塊根植物」とかで調べていくとよいです。

(この時、ベアルートの立派な株しか興味持てなかった場合は、もうそれを買うしかないのではと思いますw)

育て方を調べる

気に入った植物を見つけたら、その名前で検索すると育て方が出てきます。
育てられそうだと思ったら、次は買える店を探します。

塊根植物が大きく分かれるのは夏型と冬型くらいで、育て方は近いものが多いです。

多肉植物(塊根植物、アガベなど)の育て方メモ | backless.org

関東近郊の植物屋さんまとめ(塊根植物、アガベ) | backless.org

実生を買う

実生の小さい株は安く、日本の環境で育ったのでベアルートより適応している可能性が高いです。
夏越しと冬越しの感覚を掴むために、最低1年は育てて経験を積みます。

流通量が少なかったり、実生がなかなかないものもあったりします。
その場合は、別の植物を探し直します。

ベアルートに挑戦する

夏と冬を乗り越えた後は、そのまま実生を大きくしていくのもいいですし、立派なベアルートに挑戦するのでもいいと思います。

この記事に関連する記事

コメントをどうぞ